【複数アカ】個人事業主がアドセンスの法人ビジネスアカウントを取得する方法!

google

グーグルアドセンスは複数アカウント取得ができないことで有名です。

万が一複数取得が発覚した場合は、一発でアカウントが凍結、BANされてしまうことになります。

インターネットの情報を見てみると実際にグーグルからメールが来てアカウントが使えなくなり、

今まで順調に支払われていた収益も全てパーになってしまったという方がたくさんいます。

それだけグーグルの決まりは厳しいということです。

さてそんな状況の中、なんらかの事情があって、二つ目のグーグルアドセンスアカウントを取得したいという方もいます。

そんなことをすれば当然審査時に不合格となり、今まで使っていたアドセンスアカウントまで

被害を受けることになりますが、正攻法で二つ目のアカウントを取得する方法があります。

今回はその方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンスの法人ビジネスアカウント

グーグルアドセンスのアカウントには個人用と法人用(ビジネス)の2種類があります。

基本的に皆さんは個人のアドセンスアカウントを取得していると思いますが、

同一人物が個人用と法人用のアカウントを所有していても規約違反にはなりません。

これはグーグルが正式に認めています。

個人と法人は別人格として取り扱われるからです。

ということで、アドセンスアカウントを複数取得したい人は、

2つ目のアカウントとして法人(ビジネス)アカウントを取得すれば良いのです。

ではどのようにして法人(ビジネス)アカウントを取得すれば良いのでしょうか?

法人アドセンスの取得方法

法人アドセンスに登録する際に必要になってくる情報は、

会社名または屋号です。

個人事業主の方であれば、会社を立ち上げているわけではないので、

特に名前はないと思います。

しかし、ここで必ず設定しなければなりません。

なぜなら、法人アドセンスの収益報酬は、

個人名の口座には入金できず、必ず法人の口座に入金しなければならないのです。

アドセンスの振込口座はアドセンスの登録名と一致しなければならないので、

ここで個人名を設定してしまうと、振込口座も個人口座となり、支払いを受けることができません。

ですから、会社名または屋号とその名前の口座が必要になってくるのです。

屋号を取得するには

1.屋号って何?

まずは屋号とは何かを見ていきましょう。屋号とは個人事業を始める際の名前のことです。法人の場合、法人と代表者は別人格であるため、必ず「○○株式会社」という会社名があります。個人事業主の場合も同じで、仕事をするときの名前を別に決めている場合はそれが屋号になります。法人は会社名、個人事業主や屋号です。例えば、お店をしている場合はそのお店の名前が屋号になります。

屋号を取得できれば法人アドセンスに登録することができますが、

どうやって取得するのでしょうか?

それには、開業届が必要です。

開業届は個人事業主の方が事業を初めてから30日以内に税務署に提出する書類ですが、

そこに「屋号」を記入する欄があります。特に決まりはありませんので、

好きな名前を設定しましょう。

それを税務署へ提出すると受付印を押印してもらい、正式に開業したことになります。

開業と言っても会社を立ち上げたわけでもなく、ただ単に税務署に個人事業をしていますよ。と自己申告しただけです。

これで「屋号」の取得は完了です。

あとはアドセンスの収益を受け取るための法人用の口座が必要です。

楽天銀行個人ビジネス口座でアドセンス収益受け取り

アドセンス法人アカウント作成のために屋号を取得しました。

これで法人アカウントを作成できます。

しかし、収益を受け取るために、その屋号と同じ名前の口座を準備する必要があります。

屋号は〇〇で受け取り口座は山田太郎というわけにはいかないのです。

ということで、個人事業主が屋号で口座開設できるのは楽天銀行です。

楽天銀行で個人ビジネス口座というものがあり、

そちらの口座が、屋号+個人名で口座を作成できるものとなっております。

その口座を作成するためには、開業届が必要なのですが、税務署に提出した控えが

あると思いますのでそれを提出すれば審査に合格します。

楽天銀行でで屋号+個人名の口座ができたら、それを法人アドセンスの受け取り口座に設定して、全ての準備は完了です。

これで2つ目のアドセンスで収益を得ることができますよ。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする