【アドセンス】インプレッション収益(RPM)とは?クリックなし1円広告?

google

アドセンスの審査に合格された方は毎日、収益が発生していないかチェックしていると思います。

しかしブログのpv数が少ないうちは何度チェックしても収益見積額は0円になっていると思います。

そんなこんなしていると、ある日、クリック数が0なのに収益見積額が1円になっていたりします。

アドセンスはクリック報酬型広告なのになぜ?と思われるかもしれません。

それにはインプレッションが関係してきます。

今回はインプレッションについて詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

インプレッション収益とは?

グーグルヘルプにはこのようにあります。

インプレッション収益(RPM)は、表示回数 1,000 回あたりの見積もり収益額を表します。インプレッション収益は実際の収益額ではありません。見積もり収益額をページビュー数、表示回数、またはクエリ数で割り、1,000 を掛けた値です。

計算方法:
インプレッション収益 =(見積もり収益額/広告表示回数)×1000

次に例を示します。

  • ページ ビュー数 25 回での見積もり収益額が 0.15 ドルの場合、ページのインプレッション収益は(0.15 ドル/25)×1,000 = 6 ドルとなります。
  • 広告の表示回数 45,000 回での見積もり収益額が 180 ドルになる場合、広告のインプレッション収益は(180 ドル/45,000)×1,000 = 4 ドルとなります。

インプレッション収益は広告プログラムでよく使用される数値で、チャネルごとの収益を比較する際に役立ちます。

インプレッション収益(RPM)|AdSenseヘルプ

まとめると、

インプレッション収益とは1000PVあたりの収益額のことでした。

しかし、これはクリックされてないのに収益が入っていることは繋がりません。

クリックされてないのに収益が入るのは広告の種類に関係があります。

インプレッション単価広告とは

クリックされてないのに収益が入る理由は、インプレッション単価広告の表示です。

グーグル公式の説明を見てみましょう。

インプレッション単価とは、「表示回数 1,000 回あたりの単価」です。 インプレッション単価広告を掲載する広告主様は、表示回数 1,000 回あたりに支払う価格を設定し、広告を表示するプレースメントを選択します。料金は広告が表示された回数に応じて発生します。

つまり、インプレッション単価広告の場合は、サイト運営者様のページに広告が表示されるたびに収益が発生します。 インプレッション単価広告とクリック単価 (CPC、クリック単価) 広告は、同じオークションにかけられ、最も効果の高い広告のみがページに表示されます。 インプレッション単価広告では、広告を表示するために従来のクリック単価広告より高い単価を設定する必要があります。

インプレッション単価広告は、広告主様が指定したプレースメントにテキスト広告またはイメージ広告のいずれかの形式で表示されます。 インプレッション単価のテキスト広告は、拡張され、広告ユニット全体に表示される場合があります。 拡張テキスト広告の表示例については、広告のフォーマットをご覧ください。

まとめると、

企業がインプレッション収益(1000PVあたりの収益額)を設定し、

広告の表示回数に応じて料金を支払うということです。

インプレッション単価広告の注意点

上記で説明したようにアドセンスには

「クリックされると報酬が入る広告」「表示されるだけで報酬が入る広告」の2種類があります。

クリックされると報酬が入る広告は表示されているだけでは報酬は入らないし、

表示されるだけで報酬が入る広告はクリックされても報酬は入らないです。

ここで注意して欲しいのが、自分のサイトの閲覧です。

自分のブログ内容を確認するために何度もアクセスすることがあると思いますが、

そこでインプレッション単価広告が表示されていると報酬が入ってしまいます。

アドセンスは自己クリック等自分自身による収益の獲得を禁止していますので、

くれぐれも注意しましょう。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする