アドセンスアカ停止で収益は支払いは?規約違反事項要確認!

adsense

グーグルアドセンスはブログ、youtube等で主流となっている広告であり、

アドセンスにより大きな収益を得ている人は多いと思います。

その中でもアドセンスの規約に違反するような形で

莫大な収益を得ている人もいます。

その場合は最終的にはグーグルアドセンスのアカウントが停止されることになりますが、

停止されるまでに得た収益はどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

アドセンスアカウント停止での支払いについて

結論から言うと、

アドセンスアカウントが停止されると

グーグルアドセンスで確定している収益のうち、

未払いの収益については広告主に戻されます。

つまり、収益を得ることはできません。

しかし、アカウントが停止される前に支払い済みになっているものに関しては

返納等の対応はないようです。

それを利用し、youtubeにTV番組等の違法動画を大量にアップロードし、

一時的に莫大なアドセンス収益を稼ごうとしている方もいます。

しかし、それらの行為は本当にリスクを伴います。

グーグルアドセンスのアカウント停止はもちろんのこと、

故意的に規約、法令違反をし収益を得ていた証拠が残っていますので、

最悪、訴えられてもおかしくありません。

ですので、規約を守りながらグーグルアドセンスで収益を得ていくための知識を身につけましょう。

規約違反するつもりがなくても、気がついたらグーグルからアカウント停止のメールや、注意のメールがきていた!なんてことがよくありますからね。

グーグルアドセンスの規約違反事項・禁止事項

①自分でクリックしない

アドセンス広告を恒常的に自分でクリックしたらアウトです。

誰でも自然と誤クリックしてしまうことがあるので一回押してしまったら

即停止されるわけではありませんが、故意的に押すのはやめましょう。

違う端末でクリックしてもipアドレスやcookieでグーグルに確実にバレています。

下手なことのするのはやめましょう。

②クリックのお願いをしない

ブログ内やSNS等で広告クリックを促すことはできません。

閲覧者が自然にクリックしなければならないのです。

最近は「アドセンス相互クリック募集」のようなものを見かけますが、

すぐにバレてアカウント停止です。

③アダルト関連はダメ

サイト内にアダルト関連のものは一切認められません。

記事、写真、広告、全てダメです。

水着もグレーゾーンです。

④著作権侵害

著作権フリーでない写真や動画は気をつけましょう。

youtubeに著作権のある動画をアップロードしそこにアドセンスの広告をつけたら一発アウトです。

今回は代表的な規約違反事項をあげましたが、禁止事項はもっとたくさんあります。

また別の記事で詳しく取り上げたいと思います。

皆さんもアカウント停止には気をつけて収益を獲得してください!

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする