20代手取り15万アパート暮らしが1年で100万貯める!

money
20代の方はまだ勤務年数が短く、給料が少ないと思います。
初めての給料明細をみるとこんなに少ないのか・・・と衝撃を受ける人もいますね。
そんな中でも特に実家を出てアパート暮らしを始めた方は
毎月の生活がかなり厳しい現状だと思います。
社会人になると貯金をしていかなければいけないのに
欲しいものもたくさんあるし、
生活費以外にもたくさんのお金がかかって、お金が全然たまらない!
というのがほとんどですね。
そんな状況の中でしっかりとお金を貯めていくには、
毎月の収支を見直すしかありません。
今回は手取り15万の人が1年間で100万円貯めるための
具体例を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

毎月の収入と支出 

収入は給料で手取り15万円です。
初任給の平均的な金額ですね。
収入が上がることが貯金額を増やす手っ取り早い方法ですが、
上がらないうちはしかたないので、支出を減らす方に重点を置いていきます。 
家賃
家賃は一人暮らしであれば4万円程度におさえたいところです。
いい部屋、良い土地に住みたい気持ちは分かりますが、
変動することのない固定費を減らすことが貯金への1番の近道ですので、
ぜひ家賃がお得なアパートへの入居をおすすめします。
食費
食費は2万円程度にしましょう。
外食をしている場合はゼッタイに足りませんが、
しっかりと自炊をすれば2万円で十分足ります。
1人の食事の材料を1週間5000円でやりくりする!
というイメージでやってみましょう
交通費
交通費は1万円前後におさえたいです。
しかし職場の都合上どうしても通勤費等がかさむ可能性がありますので、
ここはある程度経費がかさんでもしかたないところかなと思います
もしもガソリン代が高額になる場合は、クレジットカード等を使って
ポイントがたくさんたまるようにしておくとお得ですね。
 
水道光熱費
水道代、ガス代、電気代は合計で1万5千円程度にしたいところです。
水道代はあまり変化しませんが、ガス代、電気代は時期によって大きく変化します。
冷暖房機器の使い方をよく考えて、予算内に収まるようにしましょう。
携帯代
スマートフォンの使用料は5千円以内にしましょう。
1万円前後の方が多いと思いますが、
それは機種代の分割支払いがあるからです。
残金を早めに一括払いして、毎月の支払いは基本料金だけになるようにしましょう。
雑費
雑費は何かあったときのためのお金です。
医療費等にあてるのが一番多いかもしれません。
毎月1万円程度は用意しておきましょう。
 

毎月の貯金

いままで説明したものの金額を計算すると、
給料    150,000
家賃        -40,000
食費        -20,000
交通費      -10,000
水道光熱費  -15,000
携帯代       -5,000
雑費        -10,000
残金は5万円となります。
さて、これまでの経費の中で自分が使えるお金は含まれていないので、
この5万円のうちどのくらいを自由なお金にするかは
ご自身で決めてください。
残金のどれだけ貯金にあてるかで貯金の年額も大きく変わります。
5万×12ヶ月=60万
4万×12ヶ月=48万
3万×12ヶ月=36万
2万×12ヶ月=24万
1万×12ヶ月=12万
こんな感じですね。
これだけでは1年で100万円は到達できませんが、
その他の収入としてボーナスがあります。
ボーナスは全額貯金が基本です。
1回のボーナス支給額平均は30万円程度と言われているので
年2回の支給で60万円貯金できます。
そう考えると、ボーナス以外の部分で40万円程度貯金できれば100万円までいきますね。
ボーナスの支給額も職場によって前後すると思うので、
毎月の貯金額、ボーナスの貯金額の割合を調整して1年で100万貯まる計画を立ててみてください。
今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする